沖縄でダイビングライセンスを取得したいと考えたのは、周囲に同じ方法で満足していた人が多かったからです。私が実際にダイビングを体験したのは恩納村ダイビングのダイビングショップでした。

海が好きで泳ぐのも好きだったので、ぜひ海中でのんびりしたいと思いました。体験談としては、真剣に取り組むことができましたが、イメージは少し違いました。思っていた以上に過酷で、海の厳しさについても再認識させられるほどでした。楽しい気分で過ごすことができましたが、実際の潜る時には、危険と隣り合わせということを十分理解していた方がいいということもわかりました。初日は講習ということで緊張していましたが、説明などがわかりやすく、詳細を理解できるように話してくださったので、色々な知識が身に付きました。今まで知っていた知識がいかにあいまいだったかということも再確認できました。主に難しい単語がたくさん出てくることが不安材料になりましたが、メモを取りながら学びましたので、その日の夜は一人で復習しました。映像を見ながら丁寧に詳しく教えてくださったので、早く覚えられたと思いますが、実践にいかせるかどうかはわからず、不安もありました。深く潜る時のやり方は、予習して言ったつもりでしたが、映像と自分の認識に大きな違いがあったので反省しました。想定していたのんびりとした空気を感じられるのは、ベテランになってからだということを痛感しました。

実際には常に危険と隣り合わせなので、くつろぐというほどでもないということも気付きました。海に入る日は、少し陸上で事前練習をしてからでしたが、入ってからは最初だけ怖かったです。もっと自由に泳げると思っていましたが、緊張のせいで全く動けませんでした。想像以上に大変だったというのが正直な感想です。周囲の多くの人が同じ講習などを受けていて、楽しく学んで簡単にできたと言っていましたが、海の恐ろしさなどを知ると少し足がすくみました。今は楽しく海に通っていますが、初めて海に入る時の緊張感は今思い出しても少し怖いです。一番難しかったのは、エアーがなくなったときに分けてもらうことでした。実際にはそのようなことが起こらないように切り上げるので大丈夫だと思っていましたが、万が一の時にエアーが切れることを想像すると怖かったです。オクトパスを実際に使用することになるのはまれなことのようですが、もしもその時が来たら慌てず対応できるように慎重かつ迅速に行動し、冷静な判断をしていきたいものです。