テクニカルダイビングのライセンス

テクニカルダイビングのライセンスを持つことが出来るようになると、一般的なダイビングよりも深い水深に潜ることが出来るようになります。普通のダイビングでは水深40メートルまでになりますが、テクニカルダイビングのライセンスを持っていると制限がなくなるので、40メートルよりも深いところに潜ることが可能です。

持っていくガスによって、潜る事ができる深さは変わりますが、40メートルの制限が無くなるのでガスが続く限り潜り続けることが出来るようになります。
その為、持っていくガスは1種類だけではなく2種類のガスを使う必要があります。2種類のガスをダイビング中にスイッチして使うことでより深いところに辿り着く事が可能です。
テクニカルダイビングのライセンスを取得する方法は、テクニカルダイビングの団体に所属をして運営している教習所に通うことが必要になります。団体に所属をしているので、専門的なインストラクターもいる為、初心者の方でもテクニカルダイビングのライセンスを手に入れる事が可能です。
取得にかかる費用に関しては、教習所によっても違いますが使用をする教材費込で、大凡20000円前後の所が多くなります。今はインターネットで様々な教習所を検索してホームページで詳細を確認することが出来るので安心です。

教習所では、実際にダイブをするだけではなく、ダイブをする為の基礎知識を学ぶことも出来ます。
機材の使い方やガスの交換方法なども併せて教えて貰う事ができるので安心です。
ライセンスを取得するまでにかかる期間ですが、大凡2日程度になります。その為、泊まり込みで行うことが出来る教習所を選ぶとライセンス取得までにかかる期間を短縮する事が可能です。通学を選ぶ場合には、日数が開くこともありますので注意が必要です。学生の方であれば、長期の休みを利用して受講をするのも一つの手段になります。
社会人の方の場合は、土曜日や日曜日の連休を利用して受講をする事で、時間をあける事なく取得する事が可能です。
ライセンスを持っているとダイビングの幅が広がるようになるので、今まで以上にダイビングを楽しむことが出来るようになります。ガスボンベも2種類の物を利用するので、水中に居る事ができる時間も大幅に増やすことが可能です。

海の中をもっとゆっくり自由に見てみたいと考えている方には、最適なライセンスになるので、取得を検討している方にはおすすめです。

テクニカルダイビングのライセンス